前へ
次へ

健康保険・傷病手当金の支給要件

健康保険の傷病手当金は、被保険者が病気や怪我で仕事ができず、無給の状態に陥った場合に、支給されます。
支給対象は被保険者だけで、被扶養者は対象となりません。
支給要件は、次の条件に全て当てはまる場合です。
まず、業務外の病気や怪我による療養で、労務不能の状態に陥って連続で3日間経過した場合です(4日目以降が対象)です。
次に、療養中に給与の支給を受けていない場合です。
業務上あるいは通勤途中での病気や怪我は労働災害保険の対象なので、ここでは含まれません。
また、労務不能の判断は医師による考察と、業務や職務の内容によります。
以上の場合に、4日目から支給され、同一の傷病であれば、支給期間は最長で1年6ヶ月です。
なお、傷病手当金は、1日当たり標準報酬日額の3分の2相当額です。
もし、給与の一部を支給されている場合は、傷病手当金が減額されます。

Page Top