前へ
次へ

健康保険から支給される傷病手当金とは。

会社で政府管掌の健康保険制度に加入している場合は、疾病やケガで就労することが不可能な場合には健康保険から傷病手当金を支給してもらうことができます。
支給してもらえる条件としては病気やまたケガの場合は第三者の行為が原因でない場合で、就労が不可能で給料が支給されていない場合に限り3日間の待機期間を置いて4日目からが支給対象となります。
待機期間の間は公休や祝祭日、年次有給休暇を含んだ日数で計算されます。
また傷病手当金が支給される期間は、公休日や祝祭日を含んだ日数で計算されます。
ちなみに傷病手当金が支給されている間に給料の支給があったり年次有給休暇が使われた場合は、その分の金額は支給されません。
傷病手当金の申請には所定の用紙に、医師の意見書や事業主の証明を受ける必要があります。

Page Top