前へ
次へ

健康保険は病院受診の為だけではないのです

健康保険には大きく分けて国保と社保とがあります。
ここでは社会保険の中でも、多くのサラリーマンなどの方が加入している協会けんぽと呼ばれる保険を取り上げたいと思います。
健康保険証は病院受診の為だけにあるのではありません。
例えば、病気や怪我をして仕事を休まなくてはならなくなり、その際の給与が支払われないとき「傷病手当金」として、標準報酬日額の2/3の金額が支給開始日から1年6ヶ月以内で支給されます。
ですがただ待っているだけで支給されるわけではありません。
自ら申請を行わなくてはなりません。
支給には要件がありますが、知っているといないとでは大きく違います。
こういった事は、保険証もらったときに説明をしてくれる職場は少ないでしょう。
保険証と一緒にしおりなどがついてきたら、面倒くさがらずにきちんと読み理解しておくことが大切です。

Page Top